連載
» 2018年10月10日 09時00分 公開

RTOS/Linux共存の最前線(2):RTOS/Linuxの共存を実現する「OpenAMP」と「MDCOM」の違いとは? (1/3)

組み込みシステムへの要求が高度化、複雑化する中、「RTOSとLinuxの共存」に対するニーズが高まっている。今回は、RTOSとLinuxの両OSを共存させて、双方のメリットを引き出す技術「OpenAMP」と「MDCOM」について取り上げる。

[工藤雅司(サイバートラスト),TechFactory]

複雑化する組み込みニーズ

 情報処理推進機構(IPA)は2017年5月に「組込みソフトウェア産業の動向把握等に関する調査結果」を公開しました。これは、組み込み関連企業の経営層または事業部門責任者へのアンケートから、組み込みソフトウェアの動向を読み解こうとするものです。

 この調査によると、現時点での重要技術として「画像・音声関連技術」や「ネットワーク技術」が挙げられており、喫緊の課題として「セーフティおよびセキュリティ技術」のニーズが高いとされています。また、「ビッグデータ」や「AI技術」は短期、長期的に重要な課題と位置付けられています。

 このように組み込みシステムへの要求が高度化、複雑化する中、よりレベルの高い組み込みソフトウェア処理の開発が行え、生産性を担保できる“Linuxに対するニーズ”がこれまで以上に増しています。

現時点で重要な技術、今後強化/新たに獲得したい技術 図1 現時点で重要な技術、今後強化/新たに獲得したい技術 ※出典:情報処理推進機構(IPA)

 一方、前回「RTOSとLinuxを同時に使う理由とそれぞれの課題」の内容で触れた通り、

これまで開発し、積み上げられてきた「RTOS(Real Time Operating System)」の資産を継続して利用したい。

高い応答性を確実に確保したい。


といったニーズから、“RTOSの利用を継続したい”と考える方も多くいらっしゃいます。

 そこで今回は、RTOSとLinuxの両OSを共存させて、双方のメリットを引き出す技術について解説したいと思います。

OSを共存させる方式

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading