ニュース
» 2018年09月06日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:いまさら聞けない「デジタルツイン」【サービス編】

「デジタルツイン」の活用領域の1つであるアフターサービスの現場におけるデジタルツインの価値や、実現のために不可欠な技術要素について詳しく解説する。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『5分で分かる「デジタルツイン」入門【サービス編】』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

「デジタルツイン」はアフターサービスで真価を発揮する

 過去から現在にわたる設備機器の稼働データを、“分かりやすい形で、現場に届ける”ための仕組みとして、「デジタルツイン(Digital Twin)」に注目が集まっている。その活用領域の1つがアフターサービスの現場だ。

 従来、サービス技術員向けに、設備機器の稼働データにアクセスするためのさまざまな手段が提供されてきた。しかし、そのほとんどがノートPCなどを用いるもので、サービス技術員は現場でキーボードをたたき、液晶ディスプレイからデータを読み取らなくてはならなかった……。

 こうした従来の手法に対して、デジタルツインを活用すれば、対象の設備機器に視線を向けたまま“両手がふさがらない状態”で、情報にアクセスできるようになるため、スムーズなアフターサービスの提供が可能となる。


電子ブックレット[無料PDF]のダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載された特集記事「サービス領域における『デジタルツイン』はアフターサービスで真価を発揮する」を基に制作しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading