ニュース
» 2018年07月12日 07時00分 公開

スマートファクトリー構想:ブリヂストン、ICT/IoT技術を活用したスマート工場の実現に向けた構想を発表

ブリヂストンは、さらなる価値提供を実現するための「スマートファクトリー構想」を発表した。バリューチェーンの情報を同社独自のICT/IoT技術でつなぎ、迅速、高品質かつ効率的なタイヤ生産を目指すという。

[八木沢篤,TechFactory]

スマート工場化で実現する次世代のタイヤ生産

 ブリヂストンは2018年6月26日、さらなる価値提供を実現するための「スマートファクトリー構想」を発表した。

 商品戦略、開発、製造、販売、そして顧客の製品使用過程など、バリューチェーン内のさまざまな情報を、同社独自のICTおよびIoT(Internet of Things)技術でつなぎ、統合した情報のビッグデータ解析やシミュレーションを行うことで、迅速、高品質かつ効率的なタイヤ生産を目指す。


必要な性能のタイヤを迅速に開発、製造できる環境を実現

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading