ニュース
» 2018年06月25日 09時00分 公開

KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜:絶対に止められない生産設備のトラブルを未然に防ぐ、KDDIがIoT×AIで支援 (1/2)

KDDIは、工場の生産設備の稼働状況を可視化し、故障の予兆を検知するサービス「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」の提供を2018年8月上旬から開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

生産設備の見える化、故障予兆に必要なものをワンステップで提供

 KDDIは2018年6月15日、工場の生産設備の稼働状況を可視化し、故障の予兆を検知するサービス「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」の提供を同年8月上旬から開始すると発表した。センサーの設置からデータ収集と可視化、故障予兆の検知までをワンストップで提供する。


KDDI ビジネスIoT推進本部 ビジネスIoT企画部長の原田圭悟氏 KDDI ビジネスIoT推進本部 ビジネスIoT企画部長の原田圭悟氏

 製造業向けにサービス展開する理由について、KDDI ビジネスIoT推進本部 ビジネスIoT企画部長の原田圭悟氏は、「製造業はIoT導入に対する関心が高く、市場規模も大きい。また、KDDIはIoTクラウドの先行導入なども進めており、製造業のお客さまから『点検工数を削減したい』『設備を可視化して故障予兆を捉えたい』『工場内Wi-Fiが混信しており安定した通信環境がほしい』といった具体的な声をいただいている。これらのニーズを満たすサービスとして、KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜をリリースした」と説明する。

「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」の概要 「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」の概要
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading