ニュース
» 2018年06月05日 07時00分 公開

日立製作所 複数AI協調制御技術:複数AIの協調でロボットとAGVの「止まらないピッキング」を実現

日立製作所がピッキング用ロボットと自律型搬送車(AGV)を統合制御することで作業時間を短縮する、複合AI統合制御の技術を開発した。2〜3年後をめどに、この技術を実装した物流ロボットシステムの製品化を目指す。

[渡邊宏,TechFactory]

 日立製作所は2018年5月28日、ピッキング用ロボットアームと自律型搬送台車(AGV)を統合制御することで、作業時間を短縮する「複数AI協調制御技術」を発表した。実験では従来方式で13秒かかっていた作業時間を8秒に短縮、約38%の作業時間短縮に成功しており、同社では本技術を搭載した物流作業ロボットシステムの製品化を目指す。

「複数AI協調制御技術」のデモ「複数AI協調制御技術」のデモ「複数AI協調制御技術」のデモ「複数AI協調制御技術」のデモ
「複数AI協調制御技術」のデモ「複数AI協調制御技術」のデモ「複数AI協調制御技術」のデモ「複数AI協調制御技術」のデモ ピッキング用ロボットアームと自律型搬送台車を統合制御した「複数AI協調制御技術」のデモンストレーション

 物流倉庫では倉庫内の荷物から注文に応じた荷物を集めるピッキング作業が恒常的に発生するが、人手不足や物流量の増大などから作業の自動化/効率化が強く求められている。

 作業を支援するため、無人制御されて棚やケースといった単位で荷物を運ぶ搬送台車(無人搬送車:AGV)も既に実用化されており、ここにピッキングロボットを組み合わせたシステムの開発も進められている。しかし、棚やケースで運ばれる荷物は多種多彩であり、また、移動のために荷積み状態が変化するため、ピッキング前に台車を停止させる必要があった。

 今回、日立製作所は「カメラ画像から最適なピッキング方式を判断するAI」と「リアルタイムに複数のAIを協調制御させる技術」を組み合わせ、移動する台車を停止させることなくロボットアームによるピッキングを可能にした。その結果、従来方式では13秒かかっていた作業時間を8秒に短縮、約38%という作業時間の高速化を実現している。

複数AI協調制御技術の概要 複数AI協調制御技術の概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.