ニュース
» 2018年05月24日 09時00分 公開

PTCがCAD事業の好調をアピール:トポロジー最適化やCFDが完全統合された「Creo 5.0」 (1/2)

PTCジャパンは、ハイエンド3D CAD「Creo」の最新バージョンである「Creo 5.0」に関する製品説明会を開催。来日した米PTC CADセグメント担当 シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏が、Creo 5.0の新機能について説明した。

[八木沢篤,TechFactory]

 PTCジャパンは2018年5月17日、同年3月にローンチされたばかりのハイエンド3D CAD「Creo」の最新バージョンである「Creo 5.0」に関する製品説明会を開催。同社CAD事業の成長、前バージョン「Creo 4.0」の発表以降に追加された機能、そしてCreo 5.0に搭載された新機能について、来日した米PTC CADセグメント担当 シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏が説明した。

米PTC CADセグメント担当 シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏 米PTC CADセグメント担当 シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏

⇒ 参考:「失われつつある“設計力”を回復できる職人気質の3D CAD『Creo』

 グローバルでのCADビジネス市場の成長率が5%程度といわれている中、PTCは2016年度で対前年比12%成長、2017年度で同13%成長を遂げており、2018年度も非常に好調な滑り出しだという。

 その好調を支えているのが、同社が提唱してきた「フィジカルとデジタルの融合」に基づく市場変化、顧客価値の変化であり、PTCは現実世界と仮想世界の橋渡しを担う「IoT(Internet of Things)」「AR/VR」「付加製造(アディティブマニュファクチャリング:AM)」といった領域に対する製品/ソリューション展開、あるいはパートナーシップの強化に努めてきた。

 IoTに関しては2014年に「ThingWorx」を買収、翌2015年にはAR開発プラットフォーム「Vuforia」を手中に収め、さらにAMに関しては技術開発への投資とパートナーとの協業を進めてきたという。「こうした取り組みによって強いポジションを確立でき、それがCAD(Creo)の好調も支えている。このような環境を持つのはPTCだけで、他社CADと比較した場合の大きな差別化要素となっている」(トンプソン氏)


フィジカルとデジタルをつなげる「AR」「IoT」に関する強化

 続いて、トンプソン氏は前バージョンのCreo 4.0の発表以降に追加された機能として、ARとIoT(デジタルツイン)に関する強化ポイントを紹介した。これらは特に多くの時間を割いて開発を進めてきた領域だという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.