連載
» 2018年05月18日 09時00分 公開

インドネシアにおける日系製造業のIT事情(1):インドネシアにおける日系製造業の現状 (1/2)

インドネシアに工場を持つ、日系製造業のIT事情とは? 中国に3年、タイに3年駐在した経験のある筆者が、それらの国と比較したインドネシア特有のIT導入の実態について現地からレポート。第1回は“インドネシア日系製造業の現状”をテーマに、筆者が感じた問題点や疑問点、注目すべきポイントなどを紹介する。

[藤井賢一郎/アスプローバ,TechFactory]

 昨年(2017年)から、アスプローバの日本ユーザーで、インドネシアに工場を持つ企業約100社を訪問してきた。ジャカルタ近辺の日系製造業は東西の工場団地に集まっているが、大まかにいって西側は歴史の古い日系企業、東側は自動車産業を中心とした比較的新しい工場が集まっている。

 西側の比較的歴史の古い日系企業では、いまだに「Excel」によるローカルシステムを利用しているところが多い。それに反して東側の比較的新しい企業では、ERPパッケージを導入している工場も多く見られる。5年ほど前のインドネシア経済が“バブル”ともいえた時期に進出してきたこれら企業は、積極的にシステム投資を当時行ったが、実はそのほとんどが成功していない。そのため、インドネシア内需が落ち込む今、新たな投資が難しいという状況に悩まされている。


インドネシア日系製造業の問題点

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading