ニュース
» 2018年05月09日 07時00分 公開

Ubiquitous QuickBoot:ユビキタスの高速起動ソリューションがx86「Apollo Lake」対応

ユビキタスのLinux高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」が、インテル「Apollo Lake」アーキテクチャ製品に対応した。

[渡邊宏,TechFactory]

 ユビキタスは2018年4月26日、Linux/Androidの高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」がインテル「Apollo Lake」アーキテクチャ製品に対応したと発表した。対応するプロセッサはPentiumおよびCeleronのN/Jシリーズ、Atom E3900シリーズ(いずれもApollo Lakeアーキテクチャ製品)。

 Ubiquitous QuickBootはコールドブートのみならず待機電力抑制の機能も有するOS(Linux/Android)の高速起動ソリューション。これまではARMコア(v6/v7/v8)を中心に提供されていたが2017年10月からx86に対応しており、同社の検証によると、Pentium N4200搭載ボード(AAEON UP Squared)にApollo Lakeを導入した場合、Ubuntuの起動が3.5秒と通常より87%高速な起動を実現するとしている。

photo Ubiquitous QuickBoot導入による高速化(出展:ユビキタス)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading