特集
» 2018年01月23日 09時00分 公開

現代的なCPUの脆弱性:組み込みプロセッサにも影響大「Spectre」「Meltdown」の背景を探る (1/4)

「Spectre」「Meltdown」と呼ばれる脆弱性は、IntelやAMDだけではなく、Arm製品にも影響することから組み込みにも大きな問題である。しかし、A75は影響を受けるがA72は受けにくく、A73は影響しないなど、対処には内部実装についての理解も必要である。ここではMeltdownを中心に詳細を解説する。

[大原 雄介,TechFactory]
photo 「Spectre」「Meltdown」と呼ばれる脆弱(ぜいじゃく)性は、PCはもちろんのことARMプロセッサを搭載するような組み込み製品にも影響する

 2018年は松の明けない内から「Spectre」「Meltdown」と呼ばれる脆弱(ぜいじゃく)性が大きな話題となった。2018年1月3日(米国時間)にIntelやAMD、Armといったプロセッサベンダーに加えてMicrosoft、Red Hat、それにGoogleといったベンダーが一斉にSpectreとMeltdownについての発表を行い、現在もファームウェアやパッチの提供を続けている。

 特に大きな話題となり、影響も一番大きいIntelは連日の様にプレスリリースを出すと共に、影響をまとめたレポートや対策ファームウェアの公開などを行っている。それはともかくとして、注目すべきはx86だけでなくARMアーキテクチャも含まれている事だろう。つまりx86アーキテクチャに特有の問題ではなく、最新のCPUアーキテクチャに共通の脆弱性ということになる。

 加えて興味深いことにMeltdownについて言えば、ARMの場合直接的な影響を受けるのはCortex-A75のみで、似た構造のCortex-A15/57/72は影響を受けにくい。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading