特集
» 2018年01月15日 09時00分 公開

PTC Forum Japan 2017|ヒロテック 講演レポート:製造業が変わらなければならない「理由」とスマート工場の実現に必要な「視点」 (1/2)

IoTは、スマート工場を実現する上で欠かせない要素の1つである。しかし、単に無数のデータをかき集め、それらを見える化するだけではスマート工場の実現どころか、IoTの真の価値を引き出しているとは言い切れない。意味のあるデータを集め、必要な時に、必要な人に、必要な場所に価値ある情報を提供することが、製造業におけるIoT活用の第一歩だ。マツダやGMに自動車部品などを供給するティア1サプライヤーのヒロテックの取り組みを交え、スマート工場を実現する意義や実際の進め方などを詳しく紹介する。

[八木沢篤,TechFactory]

 IoT(Internet of Things)を活用した生産設備の稼働状況の見える化や予兆保全といった取り組みに注目が集まる中、その効果を確認すべく、PoC(Proof of Concept:概念検証)を始めている国内製造業も少なくないだろう。IoTは、いわゆるスマート工場を実現する上で欠かせない要素の1つである。しかし、単に無数のデータを集め、それを可視化するだけではスマート工場の実現どころか、IoTの真価を発揮できているとはいえない。意味のあるデータを集め、必要な時に、必要な人に、必要な場所に価値ある情報を提供することが、製造業におけるIoT活用の第一歩である。

 広島に拠点を置き、マツダやGMなど大手自動車メーカーを相手にワールドワイドでビジネスを展開するティア1サプライヤーのヒロテックでは、IoTを活用した製造ラインの見える化を実現し、ダウンタイムの削減や生産効率、品質向上に取り組んでいる。ヒロテックが目指すスマート工場の姿とは? PTCジャパン主催の「PTC Forum Japan 2017」で、ヒロテック 生産技術研究所 情報技術研究室 主任研究員 ジャスティン・へスター氏が登壇。「スマートファクトリーにおける現状と未来」というテーマで、スマート工場を実現する意義や実際の進め方などを、同社の取り組み交えて詳しく紹介した。

photo (出典:へスター氏の講演スライド)

なぜ、製造業は変化しなければならないのか?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.