ニュース
» 2017年12月25日 07時00分 公開

クアルコム:「AIチップの単純な機能競争に意味は薄い」、クアルコム幹部が語る

NXPの買収を進めるクアルコムの幹部が来日、同社の事業戦略を語った。半導体企業の新要素として期待されるAIについては「電力もしくは価格当たりの効率性能が大きな意味を持つ」と、モバイルで鍛えられた企業ならではの見解を示した。

[渡邊宏,TechFactory]

 スマートフォン向けSoC(System on Chip)で大きな存在感を持つクアルコムだが、近年は「脱スマホ」の動きを強めている。産業機器分野に向けてSnapdragon 410E/600Eといった製品を投入する他、組み込みソフトウェア企業との提携、NXPセミコンダクターズの買収によって車載やIoTデバイスといった分野でも存在感の発揮を狙う。

 NXPの買収は2018年にずれ込む公算が高いものの、来日した米Qualcommのラジ・タルーリ氏(Raj Talluri、Senior Vice President Product Management)は「NXPの買収が完了すれば、さらに充実した製品を提供できる。Snapdragonのハイエンドを充実させてボトムへ波及させるという戦略に変化はない」と戦略に変更はないと明言する。また、AI(DNN/CNN)チップについては、「電力もしくは価格当たりの効率性能が大きな意味を持つ」とモバイル市場で鍛えられた企業ならではの見解を示した。

デバイスへ「知性」を持たせるために

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.