ニュース
» 2017年12月15日 09時00分 公開

ひろしま生産技術の会|iREX 2017:広島発、24時間365日無人稼働のスマート工場――IoT/AR基盤に「ThingWorx」 (1/2)

ひろしま生産技術の会は「2017国際ロボット展(iREX 2017)」で、24時間365日無人稼働するスマート工場のミニチュア版のデモ環境を披露。IoTやAR技術を活用した次世代生産ラインの在り方について提案していた。

[八木沢篤,TechFactory]

 ひろしま生産技術の会は、「2017国際ロボット展(iREX 2017)」(会期:2017年11月29日〜12月2日)において、24時間365日無人稼働するスマート工場のミニチュア版のデモ環境を展示。IoTやAR技術を活用した次世代生産ラインの在り方を提案していた。

「iREX 2017」に出展したひろしま生産技術の会のブース。「ピッキング」「加工」「検査」を行う3つのセルが稼働していた 「iREX 2017」に出展したひろしま生産技術の会のブース。「ピッキング」「加工」「検査」を行う3つのセルが稼働していた

 ひろしま生産技術の会では、広島県内の企業(マツダのサプライヤーなど)が中心となり、県や各研究機関などの支援を受けながら、24時間365日無人稼働生産ラインの実現を目指している。正規メンバーは21社で、行政や研究所など16団体が支援メンバーとして参画する。iREX 2017では、同会からヒロテック、シグマ、ワイテック、ダイキョーニシカワ、インタフェース、市川物産、ハイエレコン、メカトロデザインの8社が参加。「ピッキング」「加工」「検査」の3工程の無人化を、センシング/ロボット/制御技術で実現し、IoTやAR技術によるデータの見える化、予兆保全などを可能とするスマート工場(名刺ケースを製造する工場)のデモンストレーションを披露した。

無人稼働を実現するスマート工場、マツダのサプライヤーらが提案

       1|2 次のページへ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.