特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
連載
» 2017年10月26日 09時00分 公開

今こそ考えたい製造業IoTのセキュリティリスク:製造業が狙われる日も近い、制御情報系システムをITセキュリティの力で死守せよ (1/3)

製造業に革新をもたらすといわれる「IoT(Internet of Things)」。スマート化された工場の明るい未来だけがフォーカスされがちだが、ネットワークにつながることでもたらされるのは恩恵ばかりではない。本インタビュー企画では、製造業IoTを実現する上で重要となる「セキュリティ」にフォーカスし、製造業IoTで起こり得るセキュリティインシデントとその対策について紹介する。第3回は、IoTセキュリティの各種ソリューション、コンサルティングサービスを提供するマカフィーに話を聞いた。

[宮田健,TechFactory]

 2017年6月に世界を襲ったマルウェア「WannaCry」は、日本の製造業にも被害をもたらした。その結果、これまでセキュリティに本腰を入れてこなかった経営陣の意識が少しずつ変わりつつあるという。ただ、それと同時に攻撃者側も“ある気付き”を得た可能性が大きい――。

 本インタビュー企画では、製造業IoTを実現する上で欠かせない「セキュリティ」にフォーカスし、製造業IoTで起こり得るセキュリティインシデントとその対策について、主要セキュリティベンダーから話を聞く。今回は、マカフィー セールスエンジニアリング本部 サイバー戦略室 シニアセキュリティアドバイザー CISSP 佐々木弘志氏に、日本の制御システムを取り巻く現状と、今後考えられるセキュリティリスクについて伺った。

制御システムへの脅威の「過去」と「現在」

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.