連載
» 2017年08月04日 09時00分 公開

商用3D CAD製品カタログ 2017年版:上流工程の全てが「CATIA」に詰まっている! 気軽に導入できるクラウド版も

ハイエンド3D CADの代名詞的な存在である「CATIA」。最新バージョンの「CATIA 3DEXPERIENCE」では、ダッソー・システムズが提唱する「3DEXPERIENCEプラットフォーム」の上で動作し、「デザイン」「機械設計(エンジニアリング)」「制御(システムエンジニアリング)」に関する豊富な機能群を、CATIAという単一アプリケーション上で提供する。

[八木沢篤,TechFactory]

CATIAの歴史

 大規模アセンブリの設計・開発において力を発揮するハイエンド3D CAD。その中で、特に航空宇宙、船舶、自動車などの分野で存在感を示しているのがフランスDassault Systemes(ダッソー・システムズ)の「CATIA」である。

 CATIAは、もともとフランスの航空機メーカーDassault Aviation(ダッソー・アビアシオン)が自社航空機の設計のために開発したソフトウェアで、その開発部隊を中心に1981年、ダッソー・システムズが設立された。

初期バージョンの「CATIA V1」の画面イメージ 初期バージョンの「CATIA V1」の画面イメージ(出典:ダッソー・システムズ)

 1980年代前半から80年代後半にかけて、CATIA V1/V2/V3をリリース。IBMメインフレーム上で動作するハイエンド3D CADとして、国内外の自動車や航空宇宙メーカーで採用を拡大していった。この当時はワイヤーフレーム/サーフェスモデルで3Dの形状を表現していた。そして1993年にリリースされた「CATIA V4」は、UNIXワークステーションで動作し、ソリッドモデルに対応した。

 1997年、ダッソー・システムズは米SolidWorksを買収し、Windows対応のミッドレンジ3D CAD「SOLIDWORKS」を手にする。CATIAとの製品統合は行わずに、CATIAとのすみ分けを維持しながらSOLIDWORKSブランドを継続。そして、1999年にWindows対応の「CATIA V5」をリリースする。自動車、航空宇宙、産業機械メーカーなどに採用され、日本では2001年にトヨタ自動車がCATIA V5の採用を決めている。

 その後、ダッソー・システムズのPLMソリューション「ENOVIA」(2006年5月に買収された米MatrixOneの製品)と統合された「CATIA V6」が2008年に登場。このタイミングでファイル管理の仕組みがファイルベースからデータベース方式に変更され、CATIA(CAD)、「SIMULIA」(CAE)、「DELMIA」(生産工程)などのデータが全て同じ基盤(ENOVIA)上で一元管理できるようになった。

 CATIA V6は、2014年にリリースされた「R2014x」から名称を「CATIA 3DEXPERIENCE」に変更している。CATIA 3DEXPERIENCEは、ダッソー・システムズが提唱する「3DEXPERIENCEプラットフォーム」の上で動作(データ管理はENOVIAが行う)し、「デザイン」「機械設計(エンジニアリング)」「制御(システムエンジニアリング)」に関する豊富な機能群を、CATIAという単一アプリケーション上で提供する。なお、CATIA 3DEXPERIENCEはオンプレミスでの利用に加え、サーバやデータベース構築が不要で気軽にCATIAの最新環境が利用できるクラウド版の「CATIA 3DEXPERIENCE on the Cloud」も用意されている。

> 他の商用3D CADの情報もチェックする

CATIA 3DEXPERIENCEのターゲットと特長

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.