ニュース
» 2017年05月13日 09時00分 UPDATE

TechFactory通信 編集後記:PLMなくしてIoTの真の価値は引き出せない?

データの管理も重要です。

[八木沢篤,TechFactory]
TechFactory通信 編集後記

この記事は、2017年5月8日発行の「モノづくり総合版 TechFactory通信」に掲載されたTechFactory担当者による編集後記の転載です。

⇒メール購読についてはコチラから


 ご存じの通り、製品設計・開発の現場において「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を活用しようという動きが活発化しつつあります。おそらく、その多くが製品の品質向上や生産性向上といった“さらなる改善”に向けた取り組みからくるものではないでしょうか。

 しかし、IoTの利活用によるメリットはそれ以外にもあります。例えばIoTと、AI(人工知能)やVR(仮想現実)/AR(拡張現実)といったデジタル技術を掛け合わせることにより、作業者の健康管理や安全対策、生産設備の予兆保全、ベテラン技術者のノウハウ継承、アフターサービスの支援、設計レビューの効率化といったさまざまなメリットも享受できます。

 こうしたIoTのメリットを生み出す源泉が「データ」です。

 IoTにおけるデータというと、センサーデバイスから収集した測定値、機器や装置が吐き出すログデータなどがイメージとして頭に浮かびます。しかし、それだけではありません。一般的な製品設計・開発の現場であれば、製品の企画書、製品のデザインスケッチ、仕様書、形状を決める3Dデータ、図面(2Dデータ)、BOM(部品表)、ソフトウェアのソースコード、検証・テスト結果といった無数のデータが存在し、それらもIoTのメリットを生み出す源泉となり得るのです。

PLMなくしてIoTの真の価値は引き出せない?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.