ニュース
» 2017年02月07日 07時00分 UPDATE

ルネサス 日立マクセル:ルネサスが制御ボート開発事業などを日立マクセルへ譲渡

ルネサスが同社の産業用制御ボード開発ならび画像認識システム事業を、日立マクセルに売却する。

[渡邊宏,TechFactory]

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2017年1月31日、同社の産業用制御ボード開発並び画像認識システム事業を日立マクセルに売却すると発表した。事業譲渡期日は同年5月1日が予定されている。

 同社ならび同社子会社であるルネサス セミコンダクタパッケージ&テストソリューションズ(RSPT)の保有する対象事業を売却するもので、売却金額は非公開。RSPTとしては2014年に買収した羽黒電子が手掛けていた事業内容を、数年で売却することとなる。


 事業の2016年3月期売り上げは約50億円だが、ルネサスは「半導体及び半導体ソリューションの設計、開発、製造、販売を主とした当社グループ事業との戦略的方向性が必ずしも一致していない」(同社)と判断。事業の売却を決定した。

 日立マクセルは受け入れる事業を自社組織へ統合するのではなく、当該事業並び人員を全て会社分割にして設立した新会社へ移管し、新設企業の発行済み全株式を譲り受ける。譲り受け価格及び決済方法、譲り受け事業の負債は非公開とされている。

 ルネサスは2016年6月に呉文精氏が社長兼CEOに就任。同年11月に発表された中期経営戦略ではマイコンとSoCなどの製品を軸に、自動車や産業および汎用領域を狙う方針を打ち出しており、選択と集中の結果、今回の事業売却に踏み切ったものと思われる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.