特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
ニュース
» 2017年01月31日 08時00分 UPDATE

ソフトバンク コマース&サービス ZingBox:マシンラーニング技術を活用した産業向けIoT特化型セキュリティソリューション

ソフトバンク コマース&サービスは、IoTデバイスの保護に特化したセキュリティ製品を提供する米ZingBoxと販売代理店契約を締結し、法人向けのIoT特化型セキュリティソリューション「ZingBox」の取り扱いを開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

 ソフトバンク コマース&サービスは、産業インフラへのサイバー攻撃による情報漏えいリスクの高まりなどを背景に、IoT(Internet of Things)デバイスの保護に特化したセキュリティ製品を提供する米ZingBoxと販売代理店契約を締結。法人向けのIoT特化型セキュリティソリューション「ZingBox」の取り扱いを2017年2月10日から開始する。

 ZingBoxは、企業で使用されるIoTおよびインダストリアルIoT(IIoT)デバイスと、その通信状況を可視化するセキュリティソリューションである。マシンラーニング技術により、監視対象のネットワーク内に存在するIoT/IIoTデバイスの棚卸、分類、動作把握を自動で行い、リアルタイムでの異常検知やリスク管理を実現するという。主に、製造業、医療/ヘルスケア、一般企業、ビル/商業施設、金融、重要インフラにおけるIoTデバイスおよびシステムでの利用を想定する。


仮想化ソフトウェアとして提供、既存IoTデバイスへの負荷なく導入可能

 ZingBoxの特長は大きく3つある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.