ニュース
» 2017年01月27日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:切削加工でモノづくりの可能性を広げよう

3Dプリンタ導入後の“次のステップ”として。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『3Dプリンタ導入後の次のステップとして注目される切削加工』をご紹介します!

切削加工と3Dプリンタの使い分けポイントは?

切削加工と3Dプリンタの使い分けポイントは?

 形状やデザインの検証、試作をスピーディーに行うために3Dプリンタを導入/活用しているケースが増えてきている。しかし、実際に使用していくうちに、「もう少し表面の仕上げを良くしたい」「もっと精度を高めた造形をしたい」「最終製品と同じ材質で試してみたい」といった新たなニーズが出てくる。

 こうした要求に応えるのが、モノづくりの現場で昔から当たり前のように活用されている「切削加工」だ。本稿では、ローランド ディー.ジー.主催の「3Dプリンターから切削加工へ 〜MDX-40A活用ご紹介セミナー〜」(登壇者:スガテック3Dシステムサービス 代表取締役 菅沼和比古氏)を基に、切削加工を活用した“ワンランク上のモノづくり”のヒントを紹介する。


電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載されたセミナーレポート記事「3Dプリンタ+切削加工でモノづくりの可能性を広げよう!」を基に制作しています。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.