連載
» 2017年01月18日 09時00分 UPDATE

モノづくり技術者の転職ゲンバから(2):技術者が転職する理由とは? ちょっとリアルなお話【他者都合編】 (1/3)

転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第2回では、他者都合で会社を辞めて転職する人たちの「転職理由」について深堀していきたいと思います。

[浦林次郎(日本アルテック株式会社),TechFactory]

はじめに

 前回は「自己都合」のケースに絞り、モノづくり技術者の皆さんが「転職」しようと考えるきっかけやそのときの心境について触れ、実際にキャリアコンサルタントとして筆者が関わってきた実例を交えながら、自己都合で会社を辞めて転職するケースについて深堀しました。

 今回は視点を変えて、「他者都合」で転職する場合の“リアルなお話”を取り上げたいと思います。

他者都合の転職とは

モノづくり技術者の転職ゲンバから

 他者都合といわれても、ピンとこない方も多いのではないのでしょうか。意味合い的には「自己都合“以外”」ということになりますが、一番分かりやすいのは「会社都合による退職」です。会社の都合で退職することになるわけですから、当然、履歴書にも記載できますし、オフィシャルな場面でも通じる言い方となります。

 その一方で、自己判断で“他者都合”と表現される場合もあり得ます。具体的には「すぐに会社を辞めたいのだけど、原因は自分以外にある……」という場合です。こうしたものを含めると、他者都合の表現が少々難しくなってきますので、幾つかのパターンに整理して考えてみましょう。

「会社都合」による退職

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.