ニュース
» 2016年06月23日 09時00分 UPDATE

富士通 ものづくりAIフレームワーク:製造現場でのAI活用を支援するフレームワーク、WebAPIで既存システムへの組み込みも容易に

富士通は、同社の「ものづくり統合支援ソリューション」に設計・生産現場でAI技術を活用するためのコンサルティングサービスを追加し、2016年10月から提供を開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

 富士通は2016年6月9日、同社の「ものづくり統合支援ソリューション」に、設計・生産現場でAI技術を活用するためのコンサルティングサービスを追加し、同年10月から提供を開始すると発表した。

 AI技術を活用するには、過去の資産や現場で収集したビッグデータからノウハウや経験を抽出し、学習データベースに集約してモデル化することが不可欠である。しかし、製造業をはじめとするモノづくりの現場では、各種製品や、仕様検討・設計・検証・製造といった工程ごとの業務プロセスが存在し、それらのシーンごとに要求される高度な予測や判断処理を実現する標準的なモデルが存在しないため、その都度適合したモデルを構築する必要があった。


導入が困難だった製造業向けに最適化されたAIフレームワーク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.