ニュース
» 2016年02月29日 12時00分 UPDATE

東芝 TMPV7602XBG:ADAS向け単眼カメラモジュールの小型化を実現する画像認識用LSI

東芝は、先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance Systems)の単眼カメラに適した画像認識用LSI「TMPV7602XBG」を開発した。

[EDN Japan]

 東芝は2015年2月、先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance Systems)の単眼カメラに適した画像認識用LSI「TMPV7602XBG」を開発したと発表した。画像認識用プロセッサ「Visconti4」シリーズの新製品であり、安全運転支援で求められる車周辺の歩行者/車両/車線/標識/信号機などの認識を行う。


回路の構成を最適化し、小型化を実現

 同製品は、夜間でも高精度な画像認識を実現できるカラー特徴量パターン認識処理装置「Enhanced CoHOGアクセラレータ」を搭載している。Enhanced CoHOGアクセラレータは、画像特徴量「CoHOG」や色情報を用いた特徴量「Color-CoHOG」など4種類の特徴量を複合特徴量として処理を行う。これにより、夜間や背景と対象物の輝度差が少ないシーンでも高精度な画像認識ができる。

 また、ビデオ入力インタフェースを1チャンネルとして回路の構成を最適化し、パッケージサイズを17×17mm、521ピンBGA(0.65mmピッチ)と小型化を実現。これにより、ADASの単眼カメラモジュールを小型化できる。消費電力は、現在開発中であり計測データを収集中としているが、従来製品のVisconti4「TMPV7608XBG」と比較して50%の削減を見込むとした。新たに搭載したパワーマネジメントユニットにより、機能ブロックごとに休止モードへ移行/復帰制御を行えるため、効率よく電源管理ができるという。

TMPV7602XBG 画像認識用プロセッサ「TMPV7602XBG」 出典:東芝

 同製品は2016年3月からサンプル出荷、2018年1月から量産を開始する予定である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.