ニュース
» 2016年02月24日 11時35分 UPDATE

Linux Foundation AGL:コネクテッドカー向け車載Linux開発プロジェクトに日本企業2社が新たに参加

Automotive Grade Linuxはプロジェクトメンバーに、Collabora、エイチアイ、MediaTek、ヴィッツの4社が新たに加わったことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 つながるクルマ「コネクテッドカー」向けの共通Linuxベースソフトウェアスタックを開発するオープンソースプロジェクト「Automotive Grade Linux(AGL)」は2016年2月23日(米国時間)、同プロジェクトのブロンズメンバーに、Collabora、エイチアイ、MediaTek、ヴィッツの4社が新たに加わったことを発表。未来のクルマの実現に向けたオープンコラボレーションと自動車ソフトウェア開発の発展を目指す。

 AGLは、コネクテッドカー向けフルオープンソフトウェアスタックの開発導入を促進するオープンソースプロジェクト。未来のクルマに求められるユーザー体験の提供と、その実現に必要な技術革新を推し進めるために、自動車メーカーと技術系企業との連携を強化し、中核となるLinuxの機能と強みを生かした共通プラットフォームの実現を目指す。

プラチナメンバー 「Automotive Grade Linux」プロジェクトのプラチナメンバー企業

日本企業2社が新メンバーに

 今回の発表で注目なのは、日本企業であるエイチアイとヴィッツの参加である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.