ニュース
» 2016年01月20日 10時00分 公開

IDEC FC6A形:遠隔監視システムの構築に最適なPLC、装置の小型化とコスト削減にも効果

IDECは、豊富なインタフェースを搭載し、高機能な制御が可能なプログラマブルロジックコントローラー(PLC)「FC6A形」のグローバル販売を開始すると発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 IDECは2015年12月24日、豊富なインタフェースを搭載し、高機能な制御が可能なプログラマブルロジックコントローラー(PLC)「FC6A形」を12月25日よりグローバル販売すると発表した。制御盤、小型工作機械、食品加工機械、包装機、農業用制御装置、NON-FAの小型装置といった用途に向ける。


 同製品は、HMIモジュールを用いることで、PLC内に格納された現在値や設定された目標値の確認、変更ができるだけでなく、遠隔地からシステム状態をWebブラウザで確認可能。遠隔監視システムを容易に構築できるという。

 また、電子メールで定期報告や異常発生時の警報を受け取れ、電子メールはメッセージに加えてPLC本体に格納したロギングデータをCSV形式のファイルで添付して送信できる。

 さらに、ディーゼルエンジンの電子制御で標準化されているCAN J1939通信プロトコルに、業界で初めて対応したCPUモジュールをラインアップ。ディーゼルエンジンからの信号を直接FC6A形で受け、各種アクチュエータなど周辺機器を制御することで、装置全体の小型化と開発工数・配線工数の削減に貢献するという。

 他にも、基本命令処理時間が42nsと高速処理が可能なうえ、最大640Kバイトのプログラムサイズで複雑なプログラムにも対応。最大I/O点数520点までのシステム構築ができ、豊富なI/Oモジュールとオプションでさまざまなアプリケーションに最適なPLCにカスタマイズ可能だ。

 主な製品と標準価格は、オールインワンタイプCPUモジュールの本体が仕様に応じて15機種(CAN J1939通信対応品は7機種)で、5万3000〜13万8000円。その他、デジタル入力モジュールは5機種、出力モジュールが10機種、入出力混合モジュールは2機種など、豊富なオプション類が用意されている。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading