特集
» 2019年03月18日 09時00分 公開

PLM Forum 2019 Spring:サンデンRSをPLMシステム導入へと突き動かした3つの現場課題とBOM改革への思い (1/2)

PLMシステム導入の成功の条件とは? 他社の事例や取り組みをヒントに、PLMシステム導入のベストプラクティスについて学ぶセミナー「PLM Forum 2019 Spring」が開催された。本稿ではサンデン・リテールシステムによる事例講演「最速BOM改革への挑戦 ―紆余曲折を経て、即断即決!―」の内容をレポートする。

[八木沢篤,TechFactory]

PLMシステム導入の成功の条件とは?

 現場課題が浮き彫りとなり、PLMシステムの必要性に迫られ、本格的に導入検討を始めている企業も少なくないだろう。しかし、いざPLM導入を社内で展開するとなると、現場から経営まで多くの利害関係者が存在するため、一筋縄ではいかない。事実、PLM導入を検討した結果、「断念した」「うまく立ち上がらなかった」という声も聞かれる。では、どのようにすればPLMシステムの導入、全社展開がうまくいくのだろうか?

 残念ながら、それぞれ抱えている課題や取り巻く環境、事業規模などが異なるため、“唯一の答え”というものは存在しない。

サンデン・リテールシステム 常務執行役員 事業工場長 久保田顕氏 サンデン・リテールシステム 常務執行役員 事業工場長 久保田顕氏

 しかし、PLMシステム導入の成功の条件に関して、他社の事例や取り組みから学べることも多くある。PLMシステム導入のベストプラクティスとは何か。具体的にどのような紆余(うよ)曲折を経て、現在に至るのか――。

 そんな現場の“生の声”をヒントに、PLMシステム導入のベストプラクティスについて学ぶセミナー「PLM Forum 2019 Spring 事例に学ぶPLMのベストプラクティス」(主催:東洋経済新報社、協力:PTCジャパン)が2019年3月7日に開催された。本稿では、同セミナーに登壇した、サンデン・リテールシステム 常務執行役員 事業工場長 久保田顕氏の事例講演「最速BOM改革への挑戦 ―紆余曲折を経て、即断即決!―」の内容を紹介する。


BOM体系整備の重要性を認識させた3つの現場課題

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading