ニュース
» 2019年03月05日 09時00分 公開

インダストリアルIoT向けセキュリティ:Kaspersky Lab、IICのIoTセキュリティ成熟度モデル実践ガイドの作成に協力

カスペルスキーは、Kaspersky LabのICS CERT部門のエキスパートが、IoT推進団体であるIndustrial Internet Consortiumの他の会員企業とともに、「IoT Security Maturity Model:Practitioner’s Guide」の作成に携わったことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
IICが発行した「IoT Security Maturity Model:Practitioner’s Guide」の表紙 IICが発行した「IoT Security Maturity Model:Practitioner’s Guide」の表紙(出典:IIC)

 カスペルスキーは2019年2月26日、Kaspersky LabのICS CERT部門のエキスパートが、IoT推進団体であるIndustrial Internet Consortium(以下、IIC)の他の会員企業とともに、「IoT Security Maturity Model:Practitioner’s Guide(IoTセキュリティ成熟度モデルの実践ガイド)」の作成に携わったことを発表した。

 同ガイドは、インダストリアルIoT事業者が、自社のセキュリティ対策に関する目標やリスクへの考え方に基づいて、実現したいセキュリティ成熟度を定義する際の参考となるもので、2018年発行の「IoT Security Maturity Model:Description and Intended Use White Paper」の実践編という位置付けである。

 Kaspersky Labを含む専門家グループが約2年にわたって同ガイドの作成に取り組み、IICが2019年2月に「バージョン1.0」(全129ページ/英語版のみ)を発行した。

その他社サービスとの連携って本当に安全? 本来知っておくべきこと

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading