メディア
ニュース
» 2017年08月01日 08時00分 公開

オートデスク Autodesk Generative Design:ジェネレーティブデザインの真打、「形状合成」が設計の常識を覆す (2/2)

[八木沢篤,TechFactory]
前のページへ 1|2       

真の意味でのジェネレーティブデザイン「形状合成」が利用可能に

 ジェネレーティブデザインの種類には以下の図の通り、形状を自動的に生成する「Form Synthesis(形状合成)」、形状の内部構造や表面を最適化する「Lattice&Surface(ラティス構造化&サーフェスの最適化)」、外側の形状を最適化する「Topology(トポロジー最適化)」、そして骨のような多孔質な内部形状を作る「Trabecular structures(骨梁構造)」がある。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading