連載
» 2018年10月01日 09時00分 公開

IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題(2):「脅威」や「リスク」を想定することが、IIoTセキュリティの第一歩 (3/3)

[松岡 正人,TechFactory]
前のページへ 1|2|3       

「IIoT」のセキュリティ、何が必要か?

 さて、IIoTあるいはインダストリー4.0などをベースにした産業用システムにとって、どのようなセキュリティが必要だろうか。それには、どのような脅威やリスクが存在し、それらに対処しなかった場合の被害を想定することから始める必要がある。

 まず、“Industry”の部分に注目して自動化がほとんど行われていない自転車工場と、自動化されたマイクロ水力発電所とでそれぞれ分析してみることにしよう。というのは、インターネットなどの外部ネットワークとの接続がある場合には、切り分けて脅威分析をすればよいからである。

ケース1:自転車工場における脅威分析

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading