特集
» 2018年09月26日 08時00分 公開

PLMフォーラム Autumn 2018 講演レポート:上流のシステムがおかしい!? 新PLM導入で工場の課題解消に取り組むシンフォニアテクノロジー (1/3)

「PLMフォーラム Autumn 2018」(主催:東洋経済新報社)では、“製造業のデジタル変革を支えるPLMの最適解”をメインテーマに、PLMの現場導入に取り組むユーザー事例講演が行われた。本稿ではその中の1社、シンフォニアテクノロジーによる「Windchill導入による工場業務効率の改善」について取り上げる。

[八木沢篤,TechFactory]

PLM(製品ライフサイクル管理)導入事例

 製造業のデジタル変革が加速する中、「PLM(Product Lifecycle Management:製品ライフサイクル管理)」の重要性が再認識され、PLMシステムを導入しようとする動きが活発化しているという。

 2018年9月12日に開催された「PLMフォーラム Autumn 2018」(主催:東洋経済新報社)では、“製造業のデジタル変革を支えるPLMの最適解”をメインテーマに、PLMの現場導入に取り組むユーザー事例を紹介。現場課題の認識や原因分析、経営層を巻き込んだPLM導入プロジェクトの推進、そしてソリューション選定および環境構築に関する注意点など、PLM推進者にしか語れない“生の声”に多くの聴講者が熱心に耳を傾けていた。

 本稿では、シンフォニアテクノロジー(旧:神鋼電機) 豊橋製作所 執行役員 製作所長 花木敦司氏の講演「Windchill導入による工場業務効率の改善」について取り上げ、製造部門主導で“今まさに行われている”PLM導入プロジェクトの取り組みを紹介する。


短期間で生産数が倍増――顕在化し始めた設計・製造の課題

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading