連載
» 2018年09月03日 09時00分 公開

製造現場でこそ使いたい! Fusion 360の魅力(5):いざ「Fusion 360」の現場導入! 機能を使いこなすために心得ておきたいこと (1/2)

個人ユーザーを中心に人気を集めるオートデスクのクラウドベース3D CAD「Fusion 360」。ホビーユースだけではなく、本格的な設計業務でも活用できるというが、果たして本当なのか? “ママさん設計者”として活動する筆者が、現場目線でFusion 360の有効性や活用メリットを探る。連載第5回では、Fusion 360の現場導入の際に心得ておきたいこと、ルール作りの必要性について解説する。

[藤崎 淳子/Material工房・テクノフレキス,TechFactory]

 連載第1回の概要説明から前回(第4回)までの機能紹介で、「Fusion 360」の独自性と製造現場への導入メリットについて、おおむねご理解頂けたかと思います。今回は、現場にFusion 360を導入するに当たって心得ておきたい事柄と、ルール作りの必要性について述べます。


 まず、筆者自身が得た実際のFusion 360の使用感を基に、現場での運用の際、特に共通認識として把握、検討しておきたい項目を3つ挙げてみました。

  1. クラウドベース特有の仕様を理解する
  2. ファイル共有方法のルール作り
  3. 公差表現に配慮した、現場で使える3Dデータの共有

 以降、これらを順に説明していきます。

1.クラウドベース特有の仕様を理解する

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading