連載
» 2018年08月06日 09時00分 公開

製造現場でこそ使いたい! Fusion 360の魅力(4):「Fusion 360」と商用ミッドレンジCADの違いとは? そして両者の共存の道を探る (1/3)

個人ユーザーを中心に人気を集めるオートデスクのクラウドベース3D CAD「Fusion 360」。ホビーユースだけではなく、本格的な設計業務でも活用できるというが、果たして本当なのか? “ママさん設計者”として活動する筆者が、現場目線でFusion 360の有効性や活用メリットを探る。連載第4回では、Fusion 360の位置付けをあらためて確認すると同時に、商用3D CADとの共存の可能性について考察する。

[藤崎 淳子/Material工房・テクノフレキス,TechFactory]

 前回は、「Fusion 360」のメイン機能である「3D CAD」の特長と、現場での有効性について紹介しました。

 その冒頭で「3D CADは、設計者だけのものではありません」とメッセージを発信した通り、これからの製造現場は「思考する自律型」を目指し、設計側とデータ共有をしながら積極的に3D CADの活用を増やしていくべきであり、それが生産合理化の本質を高めていくことにつながります。


3D CADの分類と「Fusion 360」の位置付け

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading