ニュース
» 2018年02月16日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:産業用ロボットの進化がもたらす製造現場の未来

ロボット事業を加速させてきたオムロンは、FA領域における強みをより強固なものとし、これまで実現が困難とされてきたロボットによる高度な省人化や、人とマシンとの調和の実現に向けた取り組みを加速させている。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『ロボット活用でモノづくり現場を革新するオムロンのビジョン』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

ロボット活用でモノづくり現場を革新するオムロンのビジョン

photo

 オムロンは、「システムコントロールフェア(SCF)2017」(会期:2017年11月29日〜12月1日)の出展社セミナーに登壇。「オムロンが考えるロボット活用によるモノづくり革新」と題し、同社がここ数年取り組んできたロボット事業の話題を中心に、その独自性やロボット活用の進化について語った。

 約2年前からオムロンはロボット事業を加速させてきた。2015年には、米国の産業用ロボットメーカーであるAdept Technology(現:Omron Adept Technologies)を買収し、ロボット制御技術やビジョンセンサー技術を手中に収めている。これを機に、同社はFA領域における存在感をさらに強め、これまで実現困難とされてきたロボットによる高度な省人化や、人と機械との調和の実現に向けた取り組みを加速させていく……(詳しくは、以下の電子ブックレット[無料PDF]にて)。


電子ブックレット[無料PDF]のダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで掲載された記事「オムロンが示す『産業用ロボットの未来』――人との新たな協調、設備との協調へ」を基に制作しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading