ニュース
» 2018年02月13日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:IoT検定模試(10)スマート工場を実現する「デジタルツイン」

IoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説してきます。今回はスマート工場を実現する「デジタルツイン」について解説します。

[TechFactory]
特選ブックレットガイド

 IoTのプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど非常に幅広い分野に関する知識が必要です。それに加えて、IoT特有のプロジェクト管理手法や設計手法も学ぶ必要があり、幅広い知識を持つ人材でないとIoTプロジェクトに関わることすら難しいというのが実情です。

 そこで、IoT検定制度委員会では、人材育成に関する大きな課題を解決するための方法の1つとして、中立な立場でIoTに関するスキルを認定する試験「IoT検定」を制度化しました。基礎知識を問う「レベル1」では、「戦略・マネジメント」「産業システム」「法務」「ネットワーク」「デバイス」「プラットフォーム」「データ分析」「セキュリティ」が範囲となりますので、その一部を模試形式で紹介します。

 製造業がIoTという手段を用いて目指す1つである「スマート工場」を実現する上で重要な考え方として、「デジタルツイン」があります。この「デジタルツイン」では、物理(フィジカル)空間での工場や製品の将来的な動きを、デジタル空間にリアルタイムに再現することで、精度の高い設計/生産/サービス提供を可能とします。本資料ではこの「デジタルツイン」について解説します。

本資料はTechFactoryの記事『IoTスペシャリストを目指そう(10):第10問 「デジタルツイン」を理解する』を再編集したものです。

ダウンロードはこちら

特選ブックレットガイド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.