ニュース
» 2018年01月09日 07時00分 公開

パナソニック コネクティッドソリューションズ社:法務省、パナソニックの「顔認証ゲート」採用――出入国審査の合理化に向けて (1/2)

法務省はインバウンドの増加に対応すべく、顔認証技術の活用による日本人の帰国手続きの合理化を検討。パナソニックの社内カンパニーであるコネクティッドソリューションズ社が新開発した「顔認証ゲート」を採用し、2017年10月18日から羽田空港国際線ターミナルで運用を開始している。これを受け、パナソニックは技術セミナーを開催し、顔認証ゲートの開発背景や特長を詳しく紹介した。

[八木沢篤,TechFactory]

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、訪日外国人観光客(インバウンド)の急増が見込まれている。日本政府観光局の発表によると、2017年の訪日外国人観光客数は2379万1500人になる見通しだ。これを受け、法務省では空港での出入国審査の合理化を検討。パナソニックの社内カンパニーであるコネクティッドソリューションズ社が新規開発した「顔認証ゲート」の採用を決定した。

 法務省入国管理局では顔認証ゲート(3台)を羽田空港国際線ターミナルに先行導入し、2017年10月18日から日本人の帰国手続きにおいて運用を開始している。これまで日本人の帰国審査に割いていた人員を、外国人の手続きに割り当てることで合理化を図る狙い。顔認証ゲートは事前登録なしに、パスポートのICチップ内の顔画像データと、顔認証ゲートで撮影した顔画像を照合することで、本人確認を行う。通常の審査官による対応よりもスピーディーに手続きが行えるのが特長だ。

「顔認証ゲート」のデモ環境 パナソニック コネクティッドソリューションズ社が新開発した「顔認証ゲート」のデモ環境

カメラ、家電で培った技術と知見が融合した「顔認証ゲート」

       1|2 次のページへ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.