ニュース
» 2017年12月28日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:エッジで処理して素早いアクションを! 「シフトレフト」が工場IoTを加速する

IoT(Internet of Things)の活用が進むにつれて、取り扱うデータ量は爆発的に増加していく。そのため、こうした無数のデータを全てクラウドに転送し、そこで分析などの処理をさせることは現実的な対応とはいえない。また、製造業では重要なデータをクラウドに転送することに抵抗感もあり、IoT活用の足かせとなっている。こうした課題を解決すべく、日本ヒューレット・パッカード(HPE)は「シフトレフト」を提案する。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『HPEがスマート工場の実現に向けて提唱する「シフトレフト」という考え方』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

IoT導入の“難しさ”に応える「シフトレフト」の考え方

HPEのエッジサーバ製品「HPE Edgeline EL1000 Converged IoT System」 HPEのエッジサーバ製品「HPE Edgeline EL1000 Converged IoT System」

 国内製造業におけるIoT活用を推進する際、「工場内データの蓄積や分析は、工場の中だけで完結させたい」「外部に大切なデータを持ち出したくない」「必要なシステム構築は限りなくシンプルにしたい」といった声が聞こえてくる。

 従来、無数のセンサーから取得したデータを、離れた場所にあるデータセンターやクラウドに転送して、そこで蓄積および分析処理などが行われ、再度現場に情報がフィードバックされるのが一般的である。しかし、このやり方では国内製造業の要求には応えられない……。

 そこで日本ヒューレット・パッカード(HPE)は、これまでデータセンターで行ってきたような早期分析や制御処理などを、工場側のエッジコンピュータで実行する“シフトレフト”の考えに基づき、専用マシンを開発した……(詳しくは、以下の電子ブックレット[無料PDF]にて)。


電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで掲載された記事「スマート工場の実現を目指す国内製造業の要求に『シフトレフト』で応えるHPE」を基に制作しています。


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.