ニュース
» 2017年11月29日 07時00分 公開

ラピスセミコンダクタ MJ1011:地中に埋めたままで使える土壌センサー、スマート農業の実現に

ラピスセミコンダクタは地中に埋めたままで、リアルタイムにphなどを測定できる土壌センサーユニット「MJ1011」を発売する。太陽電池で駆動する低消費電力性をもち“IoT土壌環境モニタリング”も可能だ。

[渡邊宏,TechFactory]

 ラピスセミコンダクタは地中に埋めたままで、phなどの測定に利用できる土壌センサーユニット「MJ1011」を開発、2018年1月よりサンプル出荷開始すると発表した。価格は5万6300円(税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.