ニュース
» 2017年11月20日 07時00分 公開

IoTセキュリティ:ウクライナのサイバー攻撃被害「こうすれば防げた」

20万人が停電の被害を受けた、2015年末のウクライナのサイバー攻撃被害。これは「電力網のIoT化」が遠因であったが、どうすれば防げたのだろうか。米WindRiverは「多層防御ならば防げたかもしれない」という可能性を指摘した。

[渡邊宏,TechFactory]

 2015年末にウクライナで起こった、20万人以上に影響を与えた大規模停電はサイバー攻撃がその原因だった。偶発的なものではなく、意図された「攻撃」であることから大きな話題となったが、これは電力網がデジタル化され、ITシステムによって制御されるようになったことがその遠因といえる。

 言い換えれば「電力網のIoT化」が遠因であったわけだが、「IoTセキュリティ」の観点からはどう教訓とすべきなのか。最近ではRTOSだけではなく、IoT関連の製品やサービスを充実させているウインドリバーは「提案するコンセプトならばウクライナのインシデントは食い止めることができたかもしれない」という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.