連載
» 2017年10月10日 09時00分 公開

技術者が知っておきたい失敗しない転職活動のコツ(3):「面接1回のみ」の場合に注意すべきことは? 後悔しないための心得 (1/2)

「面接1回のみ」だからといって、そこがブラック企業であると判断するのは早計だ。しかし、1回の面接の場合、短期間で採用が決まる可能性がある半面、分かっているつもりという「思い込み」や、想定外の好待遇の提示で「目的を見失う」リスクもあり、十分に注意が必要である。幾つかの失敗事例を見ながら、面接1回でも後悔しない転職のポイントを紹介する。

[三上知子(日本アルテック株式会社),TechFactory]

面接1回のみの企業は、本当にブラック企業なのか?

 数多くある就活アドバイスの中には、「面接1回のみでの内定を出す企業は、ブラック企業の疑いがある」とするものもあるようです。「退職者が続出しているから、面接1回で続々と内定を出している」「人員不足で選考に時間をかけられない」などといった理由からブラック企業を疑う傾向があるようです。

 しかし、面接1回のみだからという理由だけで、ブラック企業だと判別することはできません。きちんとした意図や事情があって、面接1回のみとしている企業もあります。

 例えば、

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.