ニュース
» 2017年09月30日 09時00分 公開

TechFactory通信 編集後記:「NS」「KY」「KO」「SD」……いまさら気付いた「信号機」の魅力

日本全国の信号機の数は? そのうちLED式信号機の割合は?

[八木沢篤,TechFactory]
TechFactory通信 編集後記

この記事は、2017年9月25日発行の「モノづくり総合版 TechFactory通信」に掲載されたTechFactory担当者による編集後記の転載です。

⇒メール購読についてはコチラから


 ここ数年、LED式の信号機が急速に普及しています。普段あまり気にならないかもしれませんが、旧来の電球式の信号機よりも西日などの影響が少なく、省エネで長寿命、信号機の小型化にも貢献できるため、採用が全国に広がっています。クルマを運転される方であれば、取り換え工事の現場に遭遇したことがあるかもしれませんね。

 警察庁の公式サイトによると、2017年3月末時点で、日本全国の車両用信号機は約127万個、歩行者用信号機は約101万個あるそうです。そのうち、LED式はどのくらいあるのかというと、車両用が約70万個、歩行者用が約50万個あり、日本全国にある信号機の約52.5%(車両用約54.9%、歩行者用約49.4%)が、LED式に置き換わっているようです。ちなみに、初めて車両用のLED式信号機が設置されたのは1994年のことで、愛知県と徳島県に整備されたそうです。

西新橋3丁目の歩道橋より撮影 西新橋3丁目の歩道橋より撮影

「NS」「KY」「KO」「SD」……いまさら気付いた「信号機」の魅力

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.