ニュース
» 2017年06月09日 12時00分 UPDATE

富士フイルム LASEREO 7000システム:レーザー光源搭載の内視鏡システム、微細な血管の変化の視認性高める

富士フイルムは、レーザー光源を搭載した内視鏡システム「LASEREO」シリーズの新製品「LASEREO 7000システム」を発表した。レーザー制御技術の進化により視認性を高め、精細な観察を支援する。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 富士フイルムは2017年5月9日、レーザー光源を搭載した内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」シリーズの新製品「LASEREO 7000システム」を発表した。従来機に比べ、特殊光観察時の視認性が向上した。富士フイルムメディカルを通じて、同年5月15日より販売を開始した。


photo プロセッサ「VP-7000」(上)、レーザー光源装置「LL-7000」(下) 出典:富士フイルム

 LASEREOは、早期がんに特徴的な粘膜表層の微細血管などの変化を観察できるなど、微小な病変の観察をサポートする内視鏡システム。波長の異なる2種類のレーザー光の発光比率を変えることで、粘膜表層の微細な血管や構造などを強調して表示する機能「Blue LASER Imaging(BLI)」や、画像の赤色領域のわずかな色の違いを強調して表示する画像処理機能「Linked Color Imaging」を備えている。

 新製品のLASEREO 7000システムは、プロセッサ「VP-7000」とレーザー光源装置「LL-7000」で構成。レーザー制御技術の進化により視認性を高め、精細な観察を支援する。粘膜表層の血管や構造の観察に適したBLI機能により、中景/遠景を観察する際の観察画像の明るさが向上したほか、検査画像をワイドモニターで観察できるようになった。

 他に、画面上に点在して表示されていたスコープ操作部のスイッチの設定内容などの情報を、画面の右側にまとめて表示。検査中に撮影した直近4枚の画像もインデックスとして画面の右端に表示することで、画面を切り替えることなく撮影画像をスムーズに参照できる。さらに、外部メモリに検査画像を直接記録するため、USBポートを新設した。

 LASEREO 7000システムは同日発売の下部消化管用細径スコープ「EC-L600MP7」をはじめ、同社のLASEREO用スコープ全てに対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.