特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
連載
» 2017年06月06日 09時00分 UPDATE

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:WannaCryがあぶり出した「XP」との長くなる付き合い (1/2)

猛威を振るったランサムウェア「WannaCry」はWindows OSの脆弱性を利用したもので、Windows XPベースで駆動するATMやPOSにも多数の被害をもたらした。そこからあぶり出されたのは、まだまだ続くXPとの付き合いの長さである。

[大原 雄介,TechFactory]

猛威を振るったWannaCryとMicrosoftの対応

 2017年月5月中旬に突如として爆発的に広がり、猛威を振るったランサムウェアの「WannaCry」。どんなものかについてはこちら(ランサムウェア「WannaCry」の被害が止まらない理由)の記事が詳しい。


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.