連載
» 2017年04月11日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:5分で分かる「LPWA」

製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要連載や特集を、PDFの電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『5分で分かる「LPWA」』をご紹介します。

[TechFactory]

「LPWA(Low Power Wide Area)」とは?

 IoT(Internet of Things)を実現するためには、モノをインターネットに接続する必要があります。PCであればIEEE 802.11a/b/g、スマートフォンでいえばLTEなどが接続技術としては一般的ですが、これらは高速な通信を可能とするかわりに多くの電力を消費し、そのコストも非常に安価とまではいえません。

 そこで「IoTで利用することを前提に、接続技術を再検討する」という発想の元で考案されたのが「低消費電力・広範囲」を特徴とする無線通信技術「LPWA(Low Power Wide Area)」です。

IoTに用いられるさまざまな無線通信規格 IoTに用いられるさまざまな無線通信規格。LPWAは低消費電力と広範囲の特長を持つ技術/規格を指す総称として用いられ、特定/規格の技術を指す言葉ではない。IoT/M2Mでの利用については「低消費電力」「広範囲」の他、実装及び運用の低いコストも強く要望される
電子ブックレットのダウンロード

 LPWAは「低消費電力・広範囲」を特徴とする無線通信技術の総称であり、特定の技術やサービスを指すものではありません。具体的には「GreenOFDM」「DASH7」「RPMA」「Wi-SUN」「SIGFOX」「LoRaWAN(LoRa)」「LTE-MTC」「NB-IOT」「NB-Fi Protocol」「RPMA」などが提案・提唱されています。

 このホワイトペーパーでは、IoTやM2Mに向けた無線通信技術として注目を集めているLPWAについて、その概略やLPWAに分類される各種の技術(規格)を解説します。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載された「IoTやM2Mで注目される通信技術「LPWA」とは何か」を基に制作しています。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.