ニュース
» 2017年02月22日 07時00分 公開

ガートナー クラウドERP利用動向:国内企業のERP利用はクラウドへシフト、自社運用型ERPからの置き換えが加速

ガートナー ジャパンは、日本国内におけるクラウドERPの利用動向に関する調査結果を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 ガートナー ジャパンは2017年2月6日、日本国内におけるクラウドERPの利用動向に関する調査結果を発表した。

 同調査は、今後、国内でクラウドERPの利用がどのように拡大していくのか、またその背景にはどのような企業ニーズがあるのかを明らかにする目的で、日本企業のIT部門のマネジャークラスを対象に行われた。なお、クラウドERPにはSaaS型ERPやIaaS型ERPといったさまざまな類型があるが、市場で多様な捉え方があることを踏まえ、同調査では詳細を定義せずに“クラウドERP”としてイメージされるものについての回答を募ったという。


自社運用型ERPをクラウドERPへ――クラウドシフトへの兆し

 まず、クラウドERPの利用について「現在」「5年後」「10年後」の状況を調査。現在において「ERPはクラウドでは利用しない」と回答した企業が73.8%にも上ったが、これが5年後には24.8%、10年後には15.6%と急減する見通しを示す結果となった。「利用コスト」「セキュリティ」「サービスの存続性」といった懸念要素もあるため、この結果が示すスピード感で急激にクラウドへのシフトが進むとは限らないが、「自社運用型ERPのほとんどをクラウドERPに置き換える」とした企業が現在4.3%のところ、10年後には28.0%へと増加傾向にあることも同調査結果から見てとれる。

クラウドERPの利用イメージ ※出典:ガートナー 図1 クラウドERPの利用イメージ ※出典:ガートナー

 当然ながら企業規模によっても利用動向は変化する。同調査によると「今後、ERPの機能をクラウドで調達しようと考えている」企業の割合は、大企業(従業員数1000人以上)の方が中堅・中小企業(同1000人未満)よりも大きく、「現在はオンプレミスのみ」と回答した大企業が多い分、クラウドへのシフトがより急速に進む可能性もあるという。

現在利用中/今後利用したいクラウドERPの業務用途は?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.