ニュース
» 2016年11月29日 09時00分 UPDATE

ナカシマプロペラ Dell EMC PowerEdge M630:CFDシステムにブレードサーバ96台を追加導入、船体全体の解析を2週間から2日に

総合舶用推進機器メーカーのナカシマプロペラは、CFD(数値流体力学)システムに「Dell EMC PowerEdge M630」ブレードサーバを96台追加導入し、船舶用プロペラの品質向上と開発期間短縮を実現した。

[八木沢篤,TechFactory]
photo

 総合舶用推進機器メーカーのナカシマプロペラは、CFD(Computational Fluid Dynamics:数値流体力学)システムに「Dell EMC PowerEdge M630」ブレードサーバを96台追加導入し、船舶用プロペラの品質向上と開発期間短縮を実現。その事例をデルとEMCジャパンが2016年11月25日に発表した。

 船舶用プロペラで国内70%、世界30%のシェアを誇るナカシマプロペラは、「一品受注生産」をモノづくりの方針に掲げ、総合舶用推進機器メーカーとしてさまざまな挑戦を行ってきた。その中で、高効率なプロペラ開発を行うために、2008年からCFDシステムを導入。Dell EMC PowerEdgeサーバによるHPCC(High Performance Computing Cluster)システムを構築し、サーバを随時追加することで解析時間の短縮と解析精度の向上を図ってきた。

 船舶の世界では、EEDI(エネルギー効率設計指標)基準をクリアする高効率なプロペラが要求されるとともに、海洋生物への影響を配慮した静音性の高いプロペラ、船内環境を快適にするための振動の少ないプロペラの開発が求められるようになってきたという。そして、こうした市場環境の変化に加えて、ナカシマプロペラでは5〜6年前から総合舶用推進機器メーカーとして、プロペラ単体だけでなく、省エネ付加物などの新商品開発にも注力。これに伴い、よりメッシュ数の多い高精細な解析が必要となり、CFDシステムを活用した解析の需要がさらに高まり、HPCCシステムの大幅な処理能力向上が急務となっていた。


HPCCシステムの処理能力向上により2週間の解析がわずか2日に!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.