ニュース
» 2016年11月22日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:「モーター制御」を題材としたリアルタイムシステムアーキテクチャ考察

「モーターを制御する」 組み込みエンジニアであれば一見簡単なテーマに思えますが、その原理や課題、現状を再確認すると、リアルタイムシステムアーキテクチャの今後の方向性を示していることが分かります。

[TechFactory]

 複数のCPU、ハードウェアのアクセラレータ、イーサネットを用いてモーターを制御するにはどうすれば良いでしょうか? MCUでモーターを制御した経験があれば、簡単な質問に聞こえるかもしれません。

 ですが、「ロボットハンドやフライス盤のモーターを制御する」とすればどうでしょう。単純であると思っていたモーター制御が、ハードウェアアクセラレータを必要とするような重いタスクになることが想像できるはずです。さらにはネットワークへの対応やセキュリティといった要素を加えたとしたらどうでしょうか。

 さまざまなタスクが存在する以上、「モーター制御」と一口に言ってもシンプルなMCUで制御できる牧歌的な時代は終わりを告げており、小さなモーターコントローラーであってもヘテロジニアス・マルチコアのSoCが必要な時代になっていることが分かります。このブックレットでは「モーター制御」を題材に、リアルタイムシステムアーキテクチャの今後の方向性について考察します。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、MONOistに掲載した「SYSTEM DESIGN JOURNAL:コンピュータ・アーキテクトのためのモーター制御」を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.