特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
特集
» 2016年11月17日 09時00分 公開

Oracle Cloud Days Tokyo 2016:バズワードを抜け出す製造業IoT (1/3)

IoT(Internet of Things)は確実に製造業の実務に生かされはじめている。アクセンチュアと日本オラクルが、その現状や将来の見通しについて語った。

[加藤まどみ,TechFactory]

 2016年10月25〜26日に開催された「Oracle Cloud Days Tokyo 2016」(日本オラクル主催)において、「スマートファクトリへの取り組み 現場情報を企業革新に活かすインダストリアルIoT」のタイトルで講演が行われた。

 同講演では、アクセンチュア デジタルコンサルティング本部 モビリティサービスグループ統括 マネジング・ディレクターの丹羽雅彦氏が、あらゆるものをネットワークによってつなげるIoTの現状や既存のデータ活用との違い、活用事例などを紹介。日本オラクル クラウド・テクノロジー事業統括 Fusion Middleware事業本部 ビジネス推進部 担当ディレクターの杉達也氏が、同社のIoT関連の展開方針や提供サービスについて語った。


販売から顧客サービスへのシフトを加速する

 まずIoTへの取り組みが進みつつある背景として、丹羽氏は次の4つの要因を挙げた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.