ニュース
» 2016年10月11日 07時00分 UPDATE

さくらインターネット さくらのIoT Platform:「データを迎えに行く」1万円以下で閉域網料金も含む「さくらのIoT」β

さくらインターネットがα版を提供していた、「さくらのIoT Platform」のβ提供を開始。閉域網接続するLTE通信モジュールは100万回のデータ送受信が行えて1万円以下という戦略的な価格設定となっている。

[渡邊宏,TechFactory]

 さくらインターネットは2016年10月5日、α版を提供していた「さくらのIoT Platform」のβ提供を同年11月より開始すると発表した。閉域網を介してさくらインターネットのIoTプラットフォームに接続できるLTE Cat1の通信モジュールを、データ送受信料金込み1万円以下で提供する。

「さくらのIoT Platform」概略図 「さくらのIoT Platform」概略図
「さくらのIoT Platform」は提供される通信モジュールと閉域網、さくらインターネットのクラウドサービス「さくらのIoT Platform」で構成される

 この「さくらのIoT Platform」は同社が通信モジュールと閉域網をあわせて提供し、Arduinoのようなマイコンボードでも容易にネットワークにつながったIoTデバイスにできる環境を用意する。2016年4月よりα版の提供が行われており、この提供を通じて本サービス開始に備えての機能開発が行われていた。

 2016年11月から提供開始されるβ版サービスにあわせて、通信モジュールの価格やサービス利用料金のプランが発表された。LTE Cat1を利用する通信モジュールの価格は9960円(税別)で、正式サービス提供時まではキャンペーン価格として4980円(同)にて販売する。

photo 通信モジュールの定価は9960円(税別)。ここには最大100万回のデータ送受信を行うポイントが付属する
photo 通信モジュールのサイズは46×34mm

 β期間中はサービス利用料金も無料となるが、正式サービス提供時は通信モジュール1台につき100円のシステム利用料が発生する。この100円の月額利用料には、各種提携サービスやデータ保存など別途提供される際に消費するポイントである「RP」が4万RP含まれる。

料金体系詳細と通信モジュール実装

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.