ニュース
» 2016年06月28日 10時00分 UPDATE

テクトロニクス DPO70000SXシリーズ:高性能オシロスコープのシリアルバス規格テストを支援する測定ソリューション

テクトロニクスは、70GHzオシロスコープ「DPO70000SX」シリーズのシリアルバス規格テストをサポートする、測定ソリューションを発表した。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

業界トップクラスの25GHzエッジトリガー帯域

「DPO70000SX」シリーズオシロスコープ用シリアル規格テストソリューション 「DPO70000SX」シリーズオシロスコープ用シリアル規格テストソリューション

 テクトロニクスは2016年6月、70GHzオシロスコープ「DPO70000SX」シリーズのシリアルバス規格テストをサポートする、測定ソリューションを発表した。

 DPO70000SXシリーズは、同社独自の非同期タイムインターリーブ信号アクイジション技術を採用した高性能オシロスコープ。短時間で23GHzから70GHzへの構成変更が可能で、25GHzエッジトリガー帯域により、高速信号を容易に取り込むことができる。統合カウンタ/タイマは、設計の特性評価、問題点のデバッグ時に高確度でタイミング測定が可能。また、高確度の時間軸により、最新の高速規格で正確にタイミング/ジッタ測定できる。

 同社では、クラウドコンピューティング、モバイルセグメントの新世代規格に対応するため、同シリーズでUSB3.1/Thunderbolt over USB Type-C/PCIe Gen4/DDRなどの第4世代規格のシリアルバス規格をサポートした。これにより、10Gビット/秒以上のシリアルデータレートにおいて、正確なマージン解析を可能にしたという。

 また、サーバ、データ通信、モバイル/ディスプレイセグメントの物理層のコンプライアンステスト、特性評価とデバッグ用途に、50種類以上のソリューションをそろえた。第3、第4世代の規格に対応したソリューションには、自動テストセットアップ、実行、内蔵のレポートオプション、詳細解析などの機能が含まれている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.