ニュース
» 2016年06月02日 12時00分 UPDATE

オリックス・レンテック EOS M290:造形分析や実機検証が可能な金属3Dプリンタ導入支援サービス

オリックス・レンテックは、金属3Dプリンタの導入検討をしている企業向けに、独EOS製ハイエンド金属3Dプリンタ「M290」を用いた導入支援サービスの提供を開始した。

[八木沢篤,TechFactory]
金属3Dプリンタ導入支援サービス

 オリックス・レンテックは2016年5月31日、金属3Dプリンタの導入検討をしている企業向けに、同社が所有する独EOS製ハイエンド金属3Dプリンタ「M290」を用いた導入支援サービスの提供開始を発表した。

 金属3Dプリンタは、3Dデータの設計の仕方により本来のメリットが十分に生かせないことがある。またサポート材の設計や配置などにより造形品の形状再現性が大きく変わる場合もある。こうした造形の難しさに加え、金属材料ごとに取り扱いの安全性なども異なるため、技術員の経験値が造形結果を左右する。

 こうした点が金属3Dプリンタ導入の障壁の1つになっており、同社はこれまで培ってきた受託造形の技術力を生かし、造形分析や実機検証をサービスとして提供することで金属3Dプリンタの導入を支援する。


ベンチマークレポートと実機検証で導入検討をサポート

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.