特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
連載
» 2016年05月25日 09時00分 UPDATE

組み込み/IoT機器開発で使えるWindows(2):多機能化される機器開発に最適な「Windows 10 IoT Enterprise」 (1/3)

マイクロソフトの組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」の導入メリットとは? 第2回では、組み込み/IoT機器の中でも多機能・高機能化された機器に最適な「Windows 10 IoT Enterprise」を取り上げ、その特徴や機能、活用事例を紹介する。

[東京エレクトロン デバイス 茂出木裕也,TechFactory]

 前回お届けした「組み込み機器向け『Windows Embedded/IoT』とは?」では、組み込み機器向けOS「Windows Embedded/IoT」の全体像について解説しました。

 第2回では、Windows 10 IoTの製品ラインアップの中から「Windows 10 IoT Enterprise」エディションを取り上げ、その特徴や機能、活用事例を紹介していきます。

» 第1回「組み込み機器向け『Windows Embedded/IoT』とは?」を読む


Windows 10 IoT Enterpriseエディションの特徴

 Windows 10 IoT Enterpriseは、PC向けの「Windows 10」に組み込み機器向けの専用機能(ロックダウン機能)を加えたものです(図1)。

 特定用途向け専用装置でのみ利用可能なOSライセンスで、製造、医療、小売、金融といったさまざまな分野で使用される組み込み/IoT機器で活用されています。

 今回はWindows 10 IoT Enterpriseの特徴を、

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.