ニュース
» 2016年02月22日 18時36分 UPDATE

日立ケーイシステムズ BP1 シリーズ:小型ファンレス設計の組み込みPCに「Windows Embedded 8 Standard」搭載モデルを追加

日立ケーイシステムズは、小型・ファンレスで拡張性に優れた組み込み用コントローラー製品「BP1 シリーズ」に、マイクロソフトの組み込みOS「Windows Embedded 8 Standard」搭載モデルを追加し、2016年4月ごろに販売を開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

 日立ケーイシステムズは2016年2月17日、小型・ファンレスで拡張性に優れた組み込み用コントローラー製品「BP1 シリーズ」に、マイクロソフトの組み込みOS「Windows Embedded 8 Standard」搭載モデルを追加し、同年4月ごろに販売開始すると発表した。

 BP1 シリーズは、ユーザーの用途にあわせて最適なスペックを選択できるようCPUにAMD G-T56Nを搭載した「スタンダードモデル」と、Intel Core i7を搭載した「ハイスペックモデル」の2種類がラインアップされている。インタフェースとしては、USB 2.0、LANポート、RS-232Cポートなどを備え、ファンレス設計により、耐環境性能に優れているという。

BP1 シリーズ

 主な用途としては、制御盤への組み込み、KIOSK端末への組み込み、検査装置への組み込み、製造装置への組み込み、案内板への組み込み、サイネージコントローラーとしての利用などが想定される。

 また、機器への組み込みが前提となるため、出荷開始日より3年間の長期安定供給、工場出荷日から5年間の修理対応が保証されているため、安心して利用することができるという。

 以下に主な仕様を示す。

主な仕様

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.